toggle

わたしと天使

こちらのページでは、私がどうして天使たちの絵を描くようになったのか、
*わたしと天使*について振り返ってみます♪

絵を描くようになったきっかけは、数えてみれば沢山ありますが
一番は自分自身を癒したかったから。

天使を描きはじめたきっかけは、本当にある日ふと、思い立って。
「あ、天使を描きたい。描こう。その次はマリア様を。」そう決めて、
すぐに机に向かいました。

出会いはいつも突然に、です(笑)

△こちらがその時はじめて描いた天使画*初々しいです^^

それまでは別の被写体を絵にしていたのですが、天使を描くようになってから
優しくて可愛い天使をえがくのは本当に楽しくて。
きっともうここからは離れられない。

“天使画家”と名乗りはじめるほどしっくりくるものでした。

何も考えずに天使の絵を描きはじめた私でしたが、
しばらくして天使の存在について考えはじめました。
だって、私は天使についての知識がまったくないまま始めていたのです!
「可愛いな♪」「何となく好き!」それだけでずっと生きてきた私。
(うふふ、皆さんもきっと同じですよね?^m^)

*そう、天使は今思えば昔から好きだったみたいです^^ エンジェルモチーフの可愛い雑貨なんか、天使の絵を描き始める前に購入していたものも多いんです♪

天使のセラピストのお仕事があること(素敵!)や、

知らなかった様々な知識に、ちょっぴり衝撃。(守護天使?宇宙?そうなの~??)
そういう話は好き!でも、かなりスピリチュアル寄りにいる人間ではないし・・・

こんな私が天使画家と名乗ってよいものか・・

少しだけ考えてしまう瞬間もありました。(´∀`*)ウフフ

色々な気持ちを乗り越えた今、天使についてはこんなふうに思っています♪

ただ「天使が好き」。それでいいんだな、って。

天使を描く上で、知識とかそんなもの私には必要なかったんです。

普段は目には見えないけれど、きっといる。
お家や出先で羽を見つけられた時は何かのメッセージだと思っています。
たとえば何かの道に迷っていたとしたら、「Go!」のサインだったり♪
いつだって優しい天使は背中を押してくれます^^

私は、自分の描く優しい天使が大好き^^

でも、紙の上はいつだって正直。

もやもやした気持ちで絵を描けば、それなりの絵になってしまいます。

愛に包まれている天使。
見てくれた方に愛を届けたいのであれば、
まず自分が穏やかで幸せでいなければならないと思います。

これからも、絵を描くことはまず私自身を癒してくれて、
その癒しの光は回りの人々を照らしていくことが出来ますように。

絵を通して、見てくれたどなたかの内にある
天使の働きかけに気付くきっかけになればいいな。
そんな小さなことが、本当の意味での理想です♪

えがかせていただけることにいつも感謝です。