toggle
2017-04-26

花束を

あのぼろぼろのベンチも、
ちょっと苦いコーヒーゼリーも、
透き通って見えた世界も、
寂しそうに笑っていた表情も
忘れてしまいそう

でもそれは
ほんとのはなしで、ほんとのことで。

ある日とつぜん
ミルク抜きのコーヒーが飲めるようになるみたいに。

そういうことだよね。
そういうことなんだよ。

花が色づく頃は 心も浮ついて

「花束を」
使用画材:水彩、色鉛筆

関連記事